SHARE THE LOVE

開拓者たち

農園名

むすび農園

プロフィール

1976年 滋賀県生まれ。環境・国際協力のNGOスタッフをする中、主人と出会い、田植えや稲刈りに行くようになりました。お世話になっていた茨城の農家さんの話を聞いて、「自然のリズムと共に生き、生まれ持った生きる力を発揮して暮らしてみたい。」と強く思い、この農家さんのもとで研修したい!と1年間夫婦で農業研修へ。2008年春より、「むすび農園」をはじめました。2011年、震災を機に長野県松本市へ農園を移転。週末に田畑を手伝ってくれる夫と、2人の娘と4人家族です。

私が目指していること

「心と身体が喜ぶ食べ物」を育てたい 「こどもが人参を食べるようになりました」「蒸したカボチャが塩だけで美味しい」など、本当に嬉しい声をいただいています。雄大なアルプスが一望できる気持ちのよい畑で、農薬や化学肥料を使わずに、植物性肥料(米ぬか)のみで育てています。食べる方の心と身体が喜ぶような、そんな野菜を目指しています。大地のエネルギーが畑からみなさんのご自宅へ届きますように。

「新たな農とコミュニティの形」を目指しています 農作業から収穫出荷まで、約40名ほどの方たちがお手伝いしてくださっています。一人の方も子連れの方も、いつでも気軽に行ける場があり、子育てや食べ物などいろんな話ができる仲間がいる。そして、畑が中心にあることで、体を動かして働く喜び、いのちをはぐくみいただく喜び、自然のリズムと共に暮らす喜び、そんな誰もが本能的に求めている生きる喜びが広がっていくように思います。

「醤油プログラム」など、いろんな活動を展開中です むすび農園では、醤油づくりなどの手仕事、子どもたちの農作業体験、日本ミツバチの養蜂など、さまざまな活動を行っています。初夏の玉ねぎ収穫や、秋のさつまいも収穫など、市内の保育園のこどもたちが毎年お手伝いに来てくれます。また、3軒の地元農家でグループをつくり、2016年より松本市内の私立認可保育園に農薬や化学肥料を使わずに栽培した野菜を納品しています。

主な栽培品目

野菜、米、大豆、麦、ハーブ、
加工品(うどん、小麦粉、人参ジュース、ハーブティー、テンペ、味噌、醤油)

インフォメーション:

〒390-0823 長野県松本市中山3504-2 TEL/FAX 0263-58-5086 携帯 070-5580-2520

MAIL [ musubi@kni.biglobe.ne.jp ]

むすび農園ホームページ [ https://musubifarm.org ]

SHARE THE LOVE for JAPAN 10周年インタビュー動画(YouTube) [ https://youtu.be/8ZZrl_vyESI ]

Facebook [ https://www.facebook.com/musubifarm/ ]

一覧へ戻る

BACK TO TOP