SHARE THE LOVE

2020.12.26

第5回オーガニックライフスタイルEXPOに出展しました

SHARE THE LOVE for JAPANは、10月15日(木)16日(金)17日(土)に東京・都立産業貿易センター浜松町館で開催された「第5回オーガニックライフスタイルEXPO」に参加しました。今年はコロナ禍において参加出来るメンバーも限られましたが、感染予防対策を十分に講じた上で、会場での「生産者マルシェ」とオンラインでの参加も可能な「公開交流会議」を行いました。

STLexpo2020_A019

(写真撮影時のみマスクを外しています)

マルシェ会場を彩るのは、まさに10月に旬を迎えた落花生や新生姜、セロリアック、葉物野菜など「大地にやさしい農業」で育まれた旬の作物と生産者たち。会場に来られない参加農家の野菜や加工品も販売しました。今年で5回目の出展ということもあり「生産者マルシェ」には毎年足を運んでくださるお客さまも多く、環境や食に対する意識の高まりを感じることが出来ます。来場者は例年より少なくなりましたが、お一人お一人とじっくりお話することが出来て、作り手のこだわりや魅力をしっかり理解したいというお客さまの姿勢を間近に感じられました。 また昨今の環境の変化や状況を鑑み、より一層「大地にやさしい農業」への共感と期待を実感する機会ともなりました。

STLexpo2020_B220

STLexpo2020_A017

STLexpo2020_B171

STLexpo2020_B184

STLexpo2020_B168

STLexpo2020_B104

STLexpo2020_B096

また今回は初めての試みとして、会場とオンラインでの視聴を可能にした「公開交流会議」も実施。「大地を拓く」をテーマに、「宇宙から農業と地球の未来を考える」「オーガニック学校給食の最前線」「地域と農業の関係」など、生産者だけでなく有識者や行政・自治体など多面的なプレイヤーの皆さんとともにトークセッションを行いました。「大地にやさしい農業」を取り巻く方々との対話や交流で得られる新しい視座を求めて、今後もこの輪を広げていきたいと感じる機会となりました。

STLexpo2020_B156

STLexpo2020_B212

STLexpo2020_B211

2日目のイベント終了後に行ったSHARE THE LOVE for JAPAN参加メンバーの交流会では、宮崎から自然栽培農家の川越俊作さんを講師にお迎えし、「自然の法則を活かした農業」について講義していただきました。会場に参加出来ないメンバーもオンラインで参加し、慣行栽培・有機栽培・自然栽培とあらゆる方法を実践されご自身の経験から裏付けられた法則を惜しみなく語ってくださる川越さんの講義に会場の熱も高まりました。今後宮崎の川越さんの圃場で実際に土を見ながら勉強会を行う企画も立ち上がりました。

STLexpo2020_A030

STLexpo2020_A026

今回のイベントを通して、「大地にやさしい農業」という志を同じくした日本各地の仲間たちとの繋がりを感じることができた参加農家の皆さん。ここで得たエネルギーと学びからまた新たな挑戦が始まります。私たちSHARE THE LOVE for JAPANは、地域や世代を超えた価値観でつながる「大地にやさしい農業を志すフラットなコミュニティ」作りを目指し、今後も共に切磋琢磨し学び合う仲間とのネットワークを広げ活動を続けてまいります。

STLexpo2020_A032

レポート
Report

archive

category

BACK TO TOP