SHARE THE LOVE

開拓者たち

農園名

eminini organic farm

プロフィール

1981年 奈良県生まれ。農家に生まれ、祖父に連れられて畑を遊び場として育つ。
大学在学中〜社会人(脱サラ前)は、環境活動や教育活動に積極的に参加。
子どもの誕生をきっかけに、食べ物や未来の環境に対して強い責任感を抱く。持続可能でオーガニックな農業に興味を持ち、無農薬、無化学肥料で家庭菜園と水稲栽培を始め、その野菜やお米を家族が美味しそうに食べてくれる事が何より幸せと感じる。この幸せをお裾分けしたいという気持ちから、農家になる決意を固め、高知県へと渡り、故山下一穂氏のもとで3年間修行。2015年春より奈良に戻り、eminini organic farmをスタート。

私が目指していること

オーガニック野菜を作るために必要な事は、一にも二にも“土作り” 良い畑の土にはお〜くせんまん♪の微生物がすんでいるそうです。僕の行う土作りは、微生物の食事を用意するため、有機物の鋤込みを中心としたものです。「わぁ〜この土いいにおい〜」の匂いは、有用微生物のものが大半だそうです。何故か人はおいしい野菜を育む微生物のバランスを「いいにおい」と嗅ぎ分けます。そういう状態の土は作物にとっても住み良い環境のようです。農夫の仕事は畑に生きる全ての生命を尊重し、環境を整える事だと感じています。

あるがままに美しく 生命は必ず一定のスパンで、それぞれの経験を伝達しながら次の世代を生み、朽ちていきます。冒頭で、人参の花と僕の写真を掲載頂いていますが、その花の美しさや、神々しさは生命そのものの輝きです。その畑での経験が次の世代に受け継がれている瞬間の美しさ。そんな一瞬一瞬を経験させてくれる畑をまもり、またその生命の営みに沿った農を生業にしていく事、それが僕の農夫としての目標です。

主な栽培品目

お米と旬のお野菜(ジャガイモなど芋類、人参、小松菜など葉物、大根、キャベツ、レタス、ナス、ピーマン、キュウリ、ササゲ、ゴーヤなど年間50品目程度)

インフォメーション:

2017年挑戦者ブログ [ https://sharethelove.jp/challengers/touhiguchi/ ]

Facebook

instagram

一覧へ戻る

BACK TO TOP