SHARE THE LOVE

開拓者たち

農園名

和宝屋農園

プロフィール

1981年和歌山県生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科修了後、大手コンサルタント会社から最新のスマホアプリを扱うベンチャーまで3社のIT関連企業で働く。実家に戻って、2016年就農。農業を体系的に知るため有機農業の学校で学んだ。

私が目指していること

とにかく根の成長を第一に 畑で手を動かしたり、色々と調べてみると、作物を育てるために日々やっていることは全て根をしっかり張らせることに行き着くのではと考えています。堆肥を入れて土壌を団粒化させるのも、マルチングで地温を調節するのも全ては根のため。根がしっかり張っていれば養水分をしっかり吸収できるし、地上部も強く育って病害虫にも侵されにくくなる。根にとって快適な環境を作るのはもちろん、時には適度なストレスを与えてより強く育てる、これを軸に日々作業をしています。

健全なる精神は健全なる作物に宿る 今後の農業により求められるのは”健全性”だと思っています。健全であるとは、正常であり、健康であり、道徳的であり、調和がとれているということです。自然の物質循環を大事にし、籾殻、米ぬか、刈草堆肥、草木灰、土着菌など、身近にある有機物や微生物を有効活用した栽培方法を実践しています。自然にできるだけ負担をかけない健全な栽培で、健全な作物を作り、健全な農業経営をしていきたいと思っています。

主な栽培品目

ニンニク、冬瓜、ミニトマト、ナス、ピーマン、キャベツ、レタス、カブなど年間約30種類

インフォメーション:

一覧へ戻る

BACK TO TOP