SHARE THE LOVE

開拓者たち

農園名

やちご農場

プロフィール

1989年 福岡県生まれ。大学で環境生態学や土壌学を研究した経験と、食べることが好きなこともあり、食に関わる仕事の中でも、食の最前線で人の命を支える農業に魅力を感じ、農家になることを決意。2016年4月より新規就農。合鴨農法による米つくりと野菜の栽培の両立を掲げている。目指す農家像は、里山の整備や鶏小屋作り、パンを焼く石窯作りなどなど、暮らしにまつわる100通りの仕事が出来る人という意味での百姓。

私が目指していること

合鴨と一緒にお米を育てること 私が取り組んでいるお米作りは、「合鴨水稲同時作」という合鴨を使って無農薬で作る方法です。合鴨を飼うというのは手間がかかりますが、虫や雑草を食べてくれるので無農薬でお米を作る事ができます。田んぼにかわいい合鴨たちがいるのといないのとでは、消費者や地域の方の田んぼへの関心に大きな違いがあります。合鴨たちが田んぼで頑張っていると、みんなついつい田んぼに目を奪われてしまうみたいです。そんな合鴨に興味のある人だけでなく、どんな方でも私の田んぼや畑に遊びにきてくれるよう、農業の楽しさ・かっこよさ・ワクワクを合鴨と一緒に発信していきます。

自然を育む生き物と一緒に 東京(渋谷区)に住んでいた間は、生き物といえば、ハエや蚊、コオロギなど、数えるほどの種類しか見た記憶はありません。今は、約1000㎡ほどの小さい田んぼの中だけで、毎日何十匹という数の生き物に出会います。生き物密度が高いです。私も見たことの無いような虫もたくさんいるので、その度に驚き生き物の多様性に感心します。ヨトウなど害虫に畑の野菜をやられて泣きたくなる時もありますが、農薬を使ってしまうと、生き物に会える楽しみが無くなってしまいます。害虫と益虫、そしてその他たくさんの生き物達のバランスを私の田んぼから守って行ってあげたいと思います。

主な栽培品目

米(合鴨農法)/ ナス / ニンニク / カボチャ / サツマイモなど各種野菜

インフォメーション:

一覧へ戻る

BACK TO TOP