SHARE THE LOVE

開拓者たち

農園名

菜園「野菜と旅する」

プロフィール

1981年生まれ。大学院卒業後、分析機器の会社で研究職につく。会社員時代から在来種の野菜に興味を持ち研究調査に同行。さまざまな農家と出会って就農を決意する。三重の有機農業法人に2年間勤務した後、2016年、滋賀県東近江市で、菜園「野菜と旅する」を開く。

私が目指していること

『野菜と旅する』 人と野菜は、起源地と言われる場所から2万年もの旅をして、ここ日本にも多様な野菜を生みました。私たちが蒔いた一粒の種から、野菜とともに文化が育まれていく事を願い、日本に古くから伝わる野菜を栽培しています。完熟してから収穫する「まくわ瓜」は、すっきりした甘さが日本の夏によく合いますが、流通が難しく食卓に登場する事は少なくなってきています。無くなるのは惜しい野菜の美味しさを、工夫して伝えていきたいと考えています。

地域の資源で野菜を育てる 私たちは、農薬・化学肥料に頼らずに、ゆっくり伸び伸びと野菜を栽培しています。それは、単に安全のためだけではなく、旬の時期に、健康に育った野菜が一番美味しいと考えているからです。気象条件が年々悪化する中、100年先も続けていける農業を模索して、輸入資材に全面的に頼るのではなく、地域の資源で野菜を育てる工夫に取り組んでいます。具体的には、地域で生産されている有機菜種の粕を堆肥化する取り組みや、放棄竹林の間伐竹材を利用したハウス加温ボイラーの開発に取り組んでいます。農業者間でも協力しあい、知恵を出し合い、農業という仕事を続けていきたいと考えています。

主な栽培品目

西瓜、日本野菜(いんげん、まくわ瓜、茄子、日本南瓜、蕪、在来白菜、大根、多様な大豆、とうきび)

インフォメーション:

2018年挑戦者ブログ [ http://sharethelove.jp/challengers/matsumoto/ ]

Facebook『野菜と旅する』 [ https://www.facebook.com/yasatabi/ ]

Mail [ mailto:yasai.to.tabi@gmail.com ]

一覧へ戻る

BACK TO TOP