SHARE THE LOVE

開拓者たち

農園名

ふじはら農園

プロフィール

1973年鳥取県生まれ。愛媛の機械製作会社で10年余り働いた後、高知の山下一穂さんが塾長をつとめていた土佐自然塾で研修し、地元鳥取に戻って「ふじはら農園」を開く。妻と子ども3人の5人家族。

私が目指していること

そこに空席があるのなら、僕のような人間でもできる農業の道筋をつくりたい  農家っていいなあと、漠然と思っていました。家は大きいし、ごはんもおいしそうでしょ。会社員時代、もっとやりがいのある仕事を探していたとき、有機農業塾のチラシを見て、農家出身でなくても農家になれるんだと知りました。後継者不足で、そこに生きて行く道があるのなら飛び込んでみよう。特に強い意志があったわけじゃない。でも、選んだからには本気で取り組んでいます。
 出身地の米子に近いこの場所は、大山の景色が素晴らしく、肥沃な土も魅力。今は、教わった通りに土作りをし、多品種の野菜を作り、経営を成り立たせるために試行錯誤中です。妻にはあまり相談をしませんが、彼女はいつも明るくて「自然を感じながら、人間らしい生活ができるのが嬉しい」と、ついて来てくれるんです。そんな家族との生活を大事にすることも含め、農業だと思う。僕のような人間でもできる農業の道筋をつくりたい。そして自分をさらけ出し、経験を伝えられる農家になりたいと思っています。

求められる価値を求める人の元へ  畑は、中国地方で一番高い山である大山(だいせん)の麓(標高200m)にあり、日中は日差しが強くて夜は涼しく、風が吹き、朝露が多く、土は黒ボクで野菜作りにとても適した環境にあります。「父ちゃんが農業で未来を変えるぞ!」なんて高尚な意志はなく、おいしい野菜を作って届け、家族が生活できて、晩酌出来たらいいかなーなんて思う程度なので、脱サラしたふつうの変人です。あー、本音を言ってしまいました。でも、関西圏にいる妻の友人たちや関東の方たちが野菜を買ってくれるようになり、まだまだ僕の野菜は求められる価値があるのかなと思っています。そうした方たちの元に届けていきたいと思っています。

主な栽培品目

ナス、キュウリ、白ネギ、白菜など約40種類の野菜

インフォメーション:

一覧へ戻る

BACK TO TOP