SHARE THE LOVE

2018.09.09

アボカドに恋してる♡

栽培している、アボカドの「カビラグリーン」があまりに美味しすぎたので、
三豊市の仁尾町でカフェcafe de flotsを経営する友人にお願いし、
スーパーで買ったアボカド「ハス」という品種と、「カビラグリーン」の食べ比べも兼ねて、
試食会イベント「アボカドに恋してる」を企画したのですが、
なんとイベント告知アップ後、わずか1時間で定員に達した人気の凄さ!

元々「カビラグリーン」の数も少なかったので、
10名でのこじんまりとしたイベントの予定だったのですが、
ねじ込みねじ込みで、結果14名。
「カビラグリーン」2個しかないから、みんなに充分味見してもらえるかなぁ
と不安だったのですが、そこは料理人である友人が腕を振るってくれ、
食べ比べも、新しいメニューも楽しめました。

hashimoto10-1

(「カビラグリーン」(お皿左)とスーパーで売ってる「ハス」。大きさが全く違います)

hashimoto10-2

(お豆腐とアボカド、仁尾のお塩とオリーブオイルでシンプルに)

hashimoto10-3

(アボカドのパスタ。アボカドのクリーミーさがパスタとめっちゃ絡んで美味しかったです)

hashimoto10-4

(cafe de flotsの浪越さんにご協力いただきました。ありがとう〜)

最初に、店での販売価格を参加者の皆さんにお伝えしたところ、
「わぁ〜〜やっぱいいお値段だわ〜」
「なかなか手が出ないね〜〜」とおっしゃってたのですが、
試食後は、「次に販売されるのはいつですか?」
「必ず買いに行きます!」等々、嬉しいお言葉をいただきました♪
店での販売価格は国内での流通価格に基づいての価格なので、決して高くはないと思います。
が、輸入モノと比べると全く違うお値段であることは確かで( ̄▽ ̄;)
でも本当のアボカドの味を知っていただいて、お値段も納得していただいたことは、
生産者冥利につきます!

いつかもっとたくさんの方に国産アボカドの美味しさを知っていただけるよう、
精進していきます!

hashimoto10-5

(父母ヶ浜の夕日を見ながらアボカドについてお話させていただきました♪)

challenger

橋本純子

橋本純子(はしもとじゅんこ)
香川県 三豊市

1966年大阪府生まれ。会社員時代、仕事に役立てるため農業の学校に通ったことをきっかけに、就農を志す。研修先の香川県で、マンゴーを中心とした果樹園を経営する安藤数義さんと出会い、後継者候補として2016年に「株式会社アンファーム」に入社した。

写真家の眼 橋本 純子

過去の記事を読む

BACK TO TOP