SHARE THE LOVE

- SHARE THE LOVE for JAPAN 10周年企画 -「だから、私は今日も畑に立っている」

どこへ行こうが、想いは変わらない。東日本大震災に挫けることなく歩み続けた農家たち。その10年の軌跡。

私たちSHARE THE LOVE for JAPANの活動は、東日本大震災をきっかけに移住を余儀なくされた農家たちの活動を支援することから始まりました。
新天地でも、土を耕し、種を蒔き、太陽と空と時には雨に打たれながらも「大地にやさしい農業」にまっすぐと向き合う農家たち。溢れる想いは、土へ、私たちへ、そして未来へと。

2016年に収録された震災当時の心境や移住について語った自身のインタビュー映像を見ながら、震災10年目を迎える今の想いをお聞きしました。

連載インタビュー 「11名の農家、10年の歩み」

  • 2011年栃木県芳賀郡から岡山県岡山市に移住。2016年大分県臼杵市へ。

    詳細を見る
  • 千葉県成田市から、2011年、岐阜県飛騨市に移住。

    近日公開

  • 茨城県石岡市から、2011年、長野県松本市に移住。

    近日公開

  • 福島県二本松市から、2011年、長野県上田市に移住。

    近日公開

BACK TO TOP